超バイオ系

バイオウェット系がバイオバイオしていないブログ。 基本自分用のまとめ。

Windows 10でJulia専用のPython仮想環境を作る

Juliaでは、Pythonを呼び出して使うことができます。しかし、何も考えずに使おうとするとMinicondaのPython 2.7がインストールされてしまいます(2018/02/01現在)。

そこで、Anacondaで作ったJulia専用の仮想環境を作って、その中でJulia用のPythonパッケージ管理をしようという話です。

以下のような人を対象としています。

  • 既にPythonをインストールしてあるのでそれを使いたい
  • 既にあるPython環境を汚したくないのでJulia用の仮想環境を作って使いたい

Anacondaをダウンロードしてインストール

既にAnacondaをインストールしている人は読み飛ばしてください。


以下からWindows用のAnacondaインストーラをダウンロードしてインストールします。 https://www.anaconda.com/download/

インストールの仕方は公式のこちらで確認できます。 https://docs.anaconda.com/anaconda/install/windows

インストールの際、AnacondaのPythonをPathへ追加するかどうかのチェック画面が現れます。

WindowsにはデフォルトでPythonが入っていないので追加しちゃってよいでしょう。

f:id:hotoke-X:20180201203308p:plain 両方にチェックを入れときましょう。
(嫌な人はAnacondaを起動するときは、スタートメニューからAnaconda プロンプトを起動してください。)

Julia専用のAnaconda仮想環境の構築

コマンドプロンプト(またはAnacondaプロンプト)にて、以下のように入力して仮想環境を作ります。
ついでにjupyterも一緒にインストールしておきましょう。


C:\Users\username>conda create -n env_name python=3 jupyter

env_nameに自分の好きな仮想環境名を入れてください。


次に、activateして仮想環境の中に入ります。

また、Juliaで使いそうなパッケージをインストールしておきます。

C:\Users\username>activate env_name
C:\Users\username>conda install numpy pandas scipy matplotlib

念のため、Jupyter notebookのカーネルに作った仮想環境を追加しておく。

(多分やらなくても良い)

※必ず仮想環境に入った状態で行ってください。

C:\Users\username>ipython kernel install --user --name=env_name --display-name=env_name

仮想環境のPythonのパスを確認

C:\Users\username>where python
C:\Users\username\Anaconda3\envs\env_name\python.exe
C:\Users\username\Anaconda3\python.exe

仮想環境とAnacondaインストール時に入るPythonのパスが表示されます。

envsの下にあるpythonが仮想環境のpythonなのでパスをコピーしておきます。  


仮想環境から抜けて、jupyterのパスを取得します。

C:\Users\username>deactivate
C:\Users\username>where jupyter
C:\Users\username\Anaconda3\Scripts\jupyter.exe

表示されたパスを環境変数JUPYTERへ追加します。

コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム>システムの詳細設定>環境変数(N)

環境変数の設定画面に行けます。

上段のユーザー環境変数に新規でJUPYTERという名前で環境変数を作成し、jupyterのパスを入力します。

Juliaが勝手に環境変数を読んでjupyterを見つけてくれます。

jupyter.exeまで入力しないと無視されるので注意

以上でPython側の準備は終わりです。

Juliaをインストール

公式からWindows用のJuliaをダウンロードしてインストール。

インストール場所はどこでも良いです。

https://julialang.org/downloads/

このままだとPCがjuliaを見つけられず

C:\Users\username>julia

と入力しても何も起きません。パスを教えてやる必要があります。


インストールしたフォルダ/binをユーザー環境変数Pathへ追加。

(julia.exeがあるのでわかりやすいと思います)

juliaのパッケージをインストールするフォルダの場所をデフォルトから変えたい場合は、環境変数JULIA_PKGDIRを作って好きなパスを入力して下さい。

追加の仕方は環境変数JUPYTERの設定の時と同じです。


次に、コマンドプロンプトを立ち上げなおしてjuliaを起動します。

まず初めにJuliaの環境変数を書き換えて、先ほど作った仮想環境のPythonの場所を教えておきます。

julia>ENV["PYTHON"] = "C:/Users/userneme/Anaconda3/envs/env_name/python.exe"

juliaの設定を初期化します。

PyPlotを入れるとPyCallが一緒についてきて、その際に仮想環境のpythonを見つけて使ってくれるようになります。

julia>Pkg.init()
julia>Pkg.add("IJulia")
julia>Pkg.add("PyPlot")
julia>using PyCall

以上で仮想環境のpythonを使うことができました。

まとめ

  • 環境が汚れなくてハッピー!
  • Julia自体でも仮想環境を作れたら楽。